「聖マールトンの日」に、ブダペストの「ヴァクヴァリュー」(VakVarjú)へ

11月11日はキリスト教の聖名祝日のひとつ、「聖マルティヌスの日」。ハンガリー語では「聖マールトンの日(Szent Márton-nap)」といってこの日にガチョウ料理を食べる風習があり、ブダペスト市内の多くのレストランでも特別メニューが用意されます。今年はどこで食べようかと友人とあれこれ検討した結果、ブダペスト中心地デアーク・フェレンツ広場(Deák Ferenc tér)近くの「ヴァクヴァリュー(VakVarjú)」に行くことにしました。
(訪問日:2018年11月11日)

店内の雰囲気

実はこのお店、私自身すでにもう何回も利用していて、日本から来る友人や知人にもオススメしているお店なのです。
というのも、
 1. 便利なロケーションにあること
 2. メニューに英語表記と写真があること
 3. ハンガリー料理から創作料理までメニューがバリエーション豊かであること
 4. どの料理もハズレなく美味しいこと
この4つの理由で、ブダペストに観光や出張で来る方にはぴったりだと思うからです。

さらに、
 5. メニューが定期的に変わること
を加えて、在住者の方にもオススメです。人気店なので事前に公式ホームページより予約しておきました。




入口より店内に入ったところで、ガチョウさんたちがお出迎え。たぶん「聖マールトンの日」限定の演出だと思われます。




店内は2階構造になっていて、区画ごとに違う雰囲気。予約が入っていたのは入口に近い明るい区画でした。

ちなみに奥に行くと、ドナウ川の向こうのブダ王宮と鎖橋をイメージした、ちょっとロマンチックな区画もあります。

注文したメニュー

せっかくなので、この日は「聖マールトンの日」の特別メニューからのみ注文することに。まずは、東洋のガチョウスープ(Keleti Libaleves 1,350フォリント)を友人と2人でシェアしたいことをスタッフに伝えると、

1人分ずつ影響してくれました。なので写真は1/2量です。メニュー名に「東洋の」と入っているように、ガチョウからとった出汁の旨味の中にショウガも効いていて、どこかしらアジアンテイストな風味。トッピングされたパクチーがほんのりアクセントになっていました。ヌードルパスタもたっぷり入っていて、これだけで食べ応えのある1品でした。が、まだまだ本場はこれから。


メインには、マールトン・プレート 2(MÁRTON-tál “2” 7,890フォリント)。どどーんと2人分のボリュームが1皿に盛り付けられていました。

正面にあるのは、ジャガイモとサツマイモのグラタン。ガチョウのモモ肉のローストに、カリカリのガチョウのムネ肉、フォアグラ、2色のキャベツのレーテシュ、そして付け合わせのリゾットと、盛りだくさんの内容。

「レーテシュ」(rétes)というのはパイのような焼き菓子。ドイツ語では「シュトゥルーデル」(Sturudel)と呼ばれているもので、フィリングはリンゴなどデザート系が多いのですが、私個人としてはこのキャベツ味のようなお食事系の方が好きです。
ガチョウ肉の奥深い味わいと食感の違いを部位ごとに楽しみながら、時間も忘れてじっくりと堪能しました。ちょうど11月という季節ということもあり、今年の新しいワインとの相性も抜群の美味しさでした。

店舗情報・アクセス

住所:1061 Budapest, Paulay Ede utca 7, Hungary
電話番号:+36-1-268-0888
公式ホームページ:https://pest.vakvarju.com/?lang=en
アクセス:
・地下鉄1号線 バイチ・ジリンスキ通り(Bajcsy-Zsilinszky út)駅より、徒歩3分
・バス105番 バイチ・ジリンスキ通り(Bajcsy-Zsilinszky út M)停留所より、徒歩3分
・地下鉄1、2、3号線 デアーク・フェレンツ広場(Deák Ferenc tér)駅、その他バス・トラム同停留所より、徒歩3-5分

というわけで、今回は再現性のない限定メニューについて掲載してしまいましたが、普段も絶品かつフォトジェニックなメニューが満載です。また日を改めて紹介したいと思います。
ちなみに店名の「ヴァクヴァリュー」(vakvarjú)とは、直訳すると「盲目のカラス」となりますが、「ゴイサギ」という夜行性の鳥のこと。お店のホームページやメニュー、そして店内のインテリアでも、かわいらしいオリジナルキャラクターが雰囲気を盛り上げてくれます。
そしてこちらの写真は、女性用化粧室のドア。

各国語での「女性用」のプレートを配しているところを含め、遊び心あふれる雰囲気がとっても親しみやすいです。小さなお子さま用のプレイスペースもあるので、家族連れのご利用もオススメですよ。

※情報は訪問日時点のものであり、変更されている可能性があります。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。